女の人

高齢による不妊症を解決|症状にあった治療

注意点を把握する

食事

妊娠する前は、自分が食べたいものを口にしていました。ですが、妊娠が分かった際には、口にするものは気を使わないといけません。食べ物の中には、妊婦さんが口にしてはいけないものがいくつかあります。ですので、何を食べたらだめなのかしっかり確認をしておきしょう。元気な赤ちゃんを産むためにも、妊婦さんは口にするものには注意しておいた方が良いといえます。妊婦さんが口にしてはいけない食事の一つとして生肉が挙げられます。生肉を取ることで赤ちゃんが、精神発達の遅れ、視力障害、脳性まひを起こしてしまうことがあります。また、刺身も食べてはいけません。妊婦さんは免疫力が低下しているため、通常であれば大丈夫な食事でも、お腹を下したり、嘔吐をしたりしてしまいます。魚を食べるのであれば加熱処理をしておいた方が良いでしょう。その他にも、昆布やひじき、チーズなど普段であれば健康に良い食べ物も、妊婦さんの体には悪いので食べてはいけないものを確認して、食事を気を付けておいた方が良いでしょう。

妊婦さんは食事にも注意しなくてはなりませんが、体重コントロールをしなくてはなりません。体重が増えてしまうことで、妊娠性高血圧症や難産に繋がってしまいます。妊婦さんはバランスの取れた食事を心がけるようにしていくようにしましょう。また、体重増加で悩んでいるという方は、産婦人科の医師や助産師の方に指導してもらうこともできます。体にあった食事方法をアドバイスしてもらえるでしょう。